トップ  >  mameguma 様  >  そして上棟

2月22日、いよいよ上棟の日を迎えました。田中さんからいろいろな段取りを教えていただきながらも、いちばん悩まされたのは天気!一週間前からテレビやネットで週間予報を見ては、「雨かな〜、雪かな〜、中止になったらどうなるんだろう…」と悩ましい日々が続きました。

 

しかし当日はお日様も顔を出すお天気に♪(かなり寒かったですけどね…)

社長さんもおいでくださり、家族みんなで上棟式に臨みました。

お浄めの儀式にも家族みんなが参加し、子どもたちもなかなか出来ない体験ができたのでは?と、母は自己満足でした(^^;

 

式が終わると、大工さんたちが一斉に作業開始!みるみるうちに柱が建てられていき、10時の休憩のときには、すでに一階の天井(というのか二階の床というべきか)がお目見え。

足場伝いに二階に上がらせてもらった私たちは、壁や屋根に遮られることのない、今日しか見られない景色を堪能しました。

 

その後も、お昼休憩・3時のお茶の時間を挟みつつ、4時頃には屋根に防水シートが貼られ、足場にも青いシートがかけられ、すっかり「家の形」が出来上がっていました。

 

作業の終わりを待っていたかのように小雨が降り始め、長いような、あっという間だったような、かつて経験したことのない出来事の連続だった一日が終わりました。

 

 

その日の私の手帳の一文:「上棟、無事終了。家を建てる人はスゴイ。職人さんありがとう。家に相応しい自分になれますように。しかし、疲れた。。。」(最後の一言に本音が(笑))

プリンタ用画面