HOME家づくりコンセプト > 省エネルギー(ZEH)

省エネルギー(ZEH)(家づくり)

寿ホームズの家づくり

寿ホームズでは、省エネ性能(断熱性能)の標準仕様をZEH相当基準としています。

省エネルギー(ZEH)(家づくり)|鳥取県の工務店 寿ホームズ

省エネルギー(ZEH)

国では「2020年までに標準的な新築住宅でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指し、2030年までに新築住宅の平均でZEHに実現を目指すとして、普及の取組みを行っています。
その達成に向けネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(補助金制度)において

寿ホームズはZEHビルダーとして登録をされました。
2020年までに弊社の施工住宅の50%以上をZEHとする目標を掲げています。

■寿ホームズのZEH普及率の実績と目標
平成28年度
実績
平成29年度
目標
平成30年度
目標
平成31年度
目標
平成32年度
目標
0% 10% 20% 30% 50%

■ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

住宅の高断熱化高効率設備によって一次エネルギー消費量を20%削減し、太陽光発電設備などによる創エネルギーによって住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下になる住宅の事です。

年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下


■高断熱化

日本には温度の地域区分が8つ設定されています。
それぞれの地域について断熱性能(UA値)が設定されていてこの数値以下としなければ 建築物省エネ法(平成28年基準)となりません。

鳥取県では、
 4地域 (旧関金町、若桜町など)
 5地域 (旧倉吉市、旧国府町など)
 6地域 (旧鳥取市、湯梨浜町など)
の3地域が設定されています。

建築物省エネ法(平成28年基準)は、2020年には新築住宅に義務付けられるので普通の住宅の断熱・省エネ基準となります。
ZEH住宅にするにはまず断熱基準のUA値を0.6以下とする必要が有ります。

※UA値とは外皮平均熱貫流率の事です

■各地域別UA値基準表
断熱性能区分表(UA値)

H28年基準は2020年義務化(=最低レベル)。ZEH基準は2020年新築の過半数が国の目標。HEAT20が今後の国策に影響を与えることが予想されます

※HEAT20とは、2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会の事です

寿ホームズでは、HEAT20ーG1、G2の断熱性能にも対応する仕様を確立しています。


高効率設備

住宅に付随している、エアコン、暖房設備、換気扇、照明器具、給湯機、水栓などです。
ZEH住宅にするにはこれら住宅設備を高効率な省エネ設備にする事により、一次エネルギー消費量を、建築物省エネ法(平成28年基準)より、20%以上削減する事が必要です。

普通の住宅とZEH住宅との一次エネルギー消費量の比較

※ZEH基準計算時の一次エネルギー消費量には、その他家電(調理・冷蔵庫・テレビなど)は含まれておりません。

PC版を見る