トップ  >  mameguma 様  >  着工まで

気が付けば、前回の投稿からはや1ヶ月。続きを書かねばと思いつつ先延ばしにしてしまいま

 

したが、そろそろ重い腰をあげます。

 

図面が出来上がると、次はお家の外側・内側いろんなものの仕様を決めないといけません。

 

そこでまず何があるかというと、大きな紙袋にずっしりと入ったありとあらゆるカタログや見本帳

 

を手渡されます。(私はこれを『宿題』と呼んでいました) そして、次回の打ち合わせまでに

 

色々決めてこなければいけないのですが、これが結構大変で。

 

それまでにも、キッチンなどの水回りのショールーム巡りなどはしていて、それもなかなか疲れ

 

るものでしたが、その比ではないというか…

 

元々、これ!というこだわりのない私たち。加えて、私自身、空間の中のデザインを頭の中で想

 

像するという作業が非常に苦手なようで、悩んで悩んでしまいには子どもたちに「どれがい

 

い?」と助けてもらっていました(^^;

 

屋根瓦の色、外壁の色、軒下の色、建具の形状はまだしも、サッシの内と外で材質や色合いが

 

違うなんて、家を建てなかったら一生気づかなかったかも。

 

設計担当の森内さんの力をお借りしつつ、照明やクロスには何となく我が家なりの希望を加え

 

つつ、打ち合わせも着々とすすみ、同時進行で地鎮祭・着工式のセレモニーも執り行われまし

 

た。

 

地鎮祭には、社長様・常務様にもご列席いただき、少し肌寒くはありましたが穏やかな天候の

 

元、無事に式典を終えることができました。着工式は、想像を超えた重厚な雰囲気でした。式の

 

内容を全く知らされていなかった主人はびっくりしたようですが、施主の挨拶も何とかこなし

 

(笑)、これからこんなにたくさんの業者さんと職人さんにお世話になるんだなぁと、夫婦ともに

 

身の引き締まる思いでした。

 

着工後、2度の大雪に見舞われ、今後の日程に影響があるかも…と心配もしましたが、しっかり

 

と雪かきをしていただき(現場に入るのも大変だったと思います。本当に頭の下がる思いで

 

す。)、着々と工事は進んでいます。ありがたいことです。

 

長々と書いてしまいました。上棟やその後の様子はまたこの次がんばって書きます!

プリンタ用画面